一般財団法人 日本木材総合情報センター 英語のページ
木net内検索  
 
 
木netのロゴ画像
space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 外材 一覧

「ヒッコリー類」
本ヒッコリー(クルミ科 Carya tomentosa など),
ペカンヒッコリー(クルミ科 C.illinoensis など)


本ヒッコリーはカナダと米国の東部にかけて分布しています。また、メキシコにもあります。ペカンヒッコリーは種によって、主として米国の南東部からメキシコにかけて分布するもの、東部とカナダ南部にみられるものとがあります。

■木材
心材と辺材の色の違いがあります。前者は褐色−赤褐色などで、後者は白色−黄白色です。この類の木材の外観はよくにており、馴れないと区別しにくいでしょう。木理は、ときに波状あるいは不規則になりますが、一般には通直です。肌目は粗です。木材は重硬で、気乾比重の平均値はホンヒッコリーで0.83、ペカンヒッコリーで0.75とされており、前者の値のほうがより高いです。したがって、より強さを必要とする用途には本ヒッコリーのほうが好まれますが、一般的な用途にはとくに区別はされないようです。この類の木材の特徴はとくに衝撃に強く、また曲げにも強い(アッシュよりも強い)ことです。保存性は低いです。曲げ木が出来ます。切削などの加工性はよく、仕上がり面はよいです。

■用途
衝撃に対する抵抗の大きいことが必要な用途、器具の柄、スキーの板や体操のバーなどの運動具などには最も適したものとされています。また、変わったものとしては肉の燻製用の材料が知られています。

【特性表】

ヒッコリー
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.83 0.29 0.41 132 61 12.0 15.3



<<戻る 外材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし