財団法人日本木材総合情報センターGo To English Top Page
AND OR
 
木net(きーねっと)〜木と森の情報館
木のあるくらし
木net インタビュー
森を守るモノ選び
木製品展示システム
木材とその技術
木材資料室
出版物の案内
関連するホームページ
当センターの案内
住宅資材情報

space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 外材 一覧

「ラジアータマツ、ラジアータパイン」
(マツ科 Pinus radiata)


現在日本へ、ニュージーランド、さらに最近ではチリーから大量に輸入されて、ニュージーランドマツあるいはチリーマツなどと呼ばれていますが、これらは、全て造林木です。最近では、チリーから輸出されるラジアータマツの量が多くなり、ニュージーランド産の輸入量を越えるようになっています。この樹種の原産地は、実は米国のカリフォルニア州のモントレー郡なのです。このラジアータマツは、故郷のアメリカでは、用材になることは、ほとんどないようです。故郷で育たず外国へ植えられると、美しい林をつくり、大量の木材を生産をするというちょっと珍しい例です。現在、オーストラリア、アフリカ諸国などでも造林されています。ニュージーランドから今迄輸入されているものは、生長がよすぎて、年輪幅が広く、大きい節が多数出るため、木材としては低い評価を受けています。ニュージーランドでは、林の手入をよくして、将来、良質材を得ようと努めています。

■木材
心材の色は、淡褐色ないし褐色で辺材の色は黄白色で、あまりはっきりとした境はわかりません。気乾比重の平均値は0.49です。しかし、髄に近い処はもっと低い値を示すのでしょう。成長の早い樹の幹の髄に近い部分では、年輪があまりはっきりしないことが多いのですが、外側へゆくと、マツ類らしい年輪を形づくるようになります。心材の保存性は接地しない用途であれば高いです。大きな節が出てくると加工しにくくなりますが、節のない部分は容易です。仕上がり面は良好です。

■用途
建築、家具、建具、梱包材、杭などがありますが、日本では低く評価されています。ニュージーランドでは良材は合板用にも用いられています。

【特性表】

ラジアータパイン
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.44 0.10 0.24 69 32 8.8 8.3



<<戻る 外材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし