一般財団法人 日本木材総合情報センター 英語のページ
木net内検索  
 
 
木netのロゴ画像
space

木材の種類
国産材 一覧
外 材 一覧

木材と健康
木材と健康
木の色と匂い
木材の感覚
快適な生活のために

木材と環境
地球環境問題と木材


<<戻る 外材 一覧

「ベイツガ、ウェスタンヘムロック 米栂」
(マツ科 Tsuga heterophylla)


北米大陸のアラスカ州南部から米国の南西部までの太平洋岸地域に分布し、蓄積の多いのはワシントン、オレゴン両州です。日本に米大陸から輸入される木材のうち、ベイツガに次いで量が多いのがベイマツです。価格が低いため、日本に輸入されて、スギと競合することが多く、日本の林業に大きい影響をおよぼす樹種といえます。米国では、材質的に他の樹種に比較して劣るため、高く評価されることはないようです。日本への輸入量が多いのは、質よりも価格が安いという点が魅力的であるためでしょう。ちなみに日本に輸入する際、モミ類と一緒に、Hem―Fir(ヘム―ファー)と呼んで、取扱っています。こういう取扱いをするのも、木材個々の価値があまり評価されないからではないでしょうか。

■木材
日本産のツガに比較すると、年輪幅の広いものが多いので、別の木材のように、感じられることが多いのです。ごく一般的にいうと、木材の性質は、日本産のツガと似ているといえますが、心材と辺材の色の差は少なく、白色、黄白色、淡褐色の木材です。しかし、年輪の濃色部(晩材)は、桃色や紫色を帯びるので、木材はやや紫色を帯びます。入皮のような欠点が多く見られます。気乾比重の平均値は0.48です。とくに水分があるような処では腐り易い欠点があります。

■用途
建築(柱、鴨居、長押、保存処理をして土台)、箱、器具、パルプ材などに用いられます。とくに建築材としては、スギが用いられるような用途に、ほとんど代替されています。東京などの大都会では、全体をベイツガで建てた家屋が、とくに低価格のものでは、多いはずです。

【特性表】

ベイツガ
気乾 平均収縮率(%) 強さ(MPa) 曲げヤング係数
(GPa)
比重 柾目方向 板目方向 曲げ 圧縮 せん断
0.48 0.10 0.32 74 40 7.8 10.3



<<戻る 外材 一覧



ご意見はこちらへ サイトマップ

 
木のあるくらし