木材情報目次 2018.4月号~2019.3月号

2018年4月号
[ 表2 中大規模木造建築物紹介 ] 静岡県富士山世界遺産センター
青井秀樹(森林総研林業経営・政策研究領域) (記事id=1223)
林業県への飛躍を目指して~長野県の素材生産の現状と課題~
長谷川健一(長野県森づくり推進課長) 1~5ページ(記事id=1217)
木材の流動成形のための化学処理技術~木材への溶液含浸と養生~
田中聡一(京都大学生存圏研究所 特定研究員) 6~10ページ(記事id=1218)
サクラ樹皮の驚くべき特性~伝統的利用法に着想を得て~
小林加代子(京都大学 特定研究員) 11~14ページ(記事id=1219)
「木育に思う」 デザインと木の可能性について
若杉浩一(パワープレイス㈱・日本全国スギダラケ倶楽部主宰) 15~18ページ(記事id=1220)
東北初の大型耐火試験炉
中村 昇(秋田県立大学木材高度加工研究所教授) 19~22ページ(記事id=1221)
[ ルポ ] 材木屋のホンネ〈上〉  「使い方を教えて欲しい」  トラブル回避の方法は「長さ」
赤堀楠雄(林材ジャーナリスト) 23~26ページ(記事id=1222)
2018年5月号
[ 表2 中大規模木造建築物紹介 ] アキュラホーム埼玉北支店 住まいと暮らしのサロン
宮代博幸 (記事id=1231)
広島県においてスギ・ヒノキの木材生産量が増加した背景
高木孝夫(広島県農林水産部林業課長) 1~5ページ(記事id=1224)
長野県内の製材工場の実態と長野県産材の戸建住宅への利用による経済波及効果について
高村秀紀(信州大学工学部 教授) 6~9ページ(記事id=1225)
「国産広葉樹」シリーズの総括と今後の展望
青井秀樹(森林総研林業経営・政策研究領域) 10~13ページ(記事id=1226)
海外における木育の先進事例
楊萍(熊本大学教育学部技術科教育 教授) 14~17ページ(記事id=1227)
国有林野事業における木材の販売に係る提案募集(マーケットサウンディング)について
天田慎一(林野庁国有林野部経営企画課課長補佐) 18~19ページ(記事id=1228)
タイにおける木材製品のニーズと用途
井上幹博((一社)日本木材輸出振興協会事務局長) 20~23ページ(記事id=1229)
[ ルポ ] 材木屋のホンネ〈下〉  材木屋にも立場の違いがある  いかに商売につなげるかが重要
赤堀楠雄(林材ジャーナリスト) 24~27ページ(記事id=1230)
2018年6月号
[ 表2 中大規模木造建築物紹介 ] セーヌ川に現れた巨大な帆船
中村 昇(秋田県立大学木材高度加工研究所教授) (記事id=1237)
木育のこれからに向けて
浅田茂裕(埼玉大学教育学部生活創造講座教授) 1~4ページ(記事id=1232)
青森県における素材生産量が増加した背景
杉山徹(青森県農林水産部林政課長) 5~9ページ(記事id=1233)
世界の木質パネル類の生産動向と研究現状
梶田煕(京都府立大学名誉教授) 10~15ページ(記事id=1234)
竹のグリーンテクノロジーによる高度利用技術の開発
大平辰朗(森林総合研究所関西支所長) 16~20ページ(記事id=1235)
[ ルポ ] 商いの元手はセンス 木の床リノベーションを事業化
赤堀楠雄(林材ジャーナリスト) 21~24ページ(記事id=1236)
全号共通(毎号に掲載されるデータ等)
木材価格・需給動向
日本木材情報センター 市況検討委員会 まとめ 28~29ページ(記事id=71)
国産原木市況
全国森林組合連合会 系統事業部 30~30ページ(記事id=72)
合板市況
ジャパン建材(株) 合板部長 畑野昌俊 31~31ページ(記事id=73)
[ data ] 木材輸入量の推移(丸太・製材)
32~32ページ(記事id=82)
[ data ] 構造用集成材国別輸入量の推移
33~33ページ(記事id=83)
[ data ] 木質パネル供給量
33~33ページ(記事id=84)
[ data ] 製材・合板需給量
34~34ページ(記事id=85)
[ data ] 新設住宅着工数
34~34ページ(記事id=86)
[ data ] 製材用素材価格
35~35ページ(記事id=87)
[ data ] 製材卸売価格
36~36ページ(記事id=88)
[ data ] 物価指数の推移
37~37ページ(記事id=89)
[ data ] 国別・品目別木材輸出量
37~37ページ(記事id=90)