一般財団法人 日本木材総合情報センター 英語のページ
木net内検索  
 
 
木netのロゴ画像
space
木材とその技術

国産材を使用した内装材製品
<<一覧

 


株式会社 田中材木店/中央木材工業所

〒861-44 熊本県下益城郡中央町堅志田280
TEL:0964-46-2272 FAX:0964-46-3892

「今なぜ、無垢(ムク)材なのか」?「今なぜ、桧(ひのき)材なのか」?
"安全"と"健康"この2つのキーワードが、これからのすまいに求められています。
フィトンチッドを放出し、心身に安らぎを与えるもの−無垢材
1,300年の風雪に耐え、法隆寺を支えつづけている木−桧材
むくえんこう(むく壁板)桧シリーズを、人と自然との居住空間の創造にお役立て下さい。


むくえんこう(むく壁板)桧シリーズの特長

  1. 基材は、国産材の桧を無垢のまま使用しております。
  2. 4万本実加工しており、木表加工ですので施工が早く美しく仕上ります。
  3. 人工乾燥(12±3%)しており、JAS認定工場ですので、精度の良い加工になっております。
  4. グレードは、節や欠点の全く無い<無節>、小さな節が多少ある<上小節>節の大きさや個数の制限の無い<生節>の3種類に分けております。
  5. サイズは豊富なバリエーションになっております。
  6. ご予算や、使用場所に合わせてご使用下さい。(右表参照)
  7. 姉妹品として、たてつぎえんこう桧シリーズ、フィンガーえんこう桧シリーズ、集成えんこう桧シリーズがあります。


施工方法(むくえんこう桧シリーズ)

下地施工
大引きは90?角以上、根太は45?角以上の乾燥材を使用し、プレーナーで平滑にした物を使用して下さい。大引きの間隔は909?、根太は303?以内とし、捨て貼り施工(厚さ12?以上のタイプT合板)を、お勧めします。床下の湿気の多い場合は、防湿シートを根太と床材(合板)の間にしき込んで施工して下さい。

床貼り施工
天然木ですので色柄が多少違います。施工前に仮並べして施工して下さい。無垢材ですので湿気で多少膨潤します。壁際は5?程度空かして下さい。施工は、糊釘併用です。釘は50?のスクリュー釘、接着剤は、根太用の接着剤を必ず使用して下さい。


設計価格

製品名 品番 長さ 入数(枚) ? 価格/梱包 その他
むくえんこう
<無節>
E-301-105 3,920 15 105 8 3,292 125,000円 塗装品
E-301-90 90 9 3,175 86,000円
E6-301-105 1,920 15 105 8×2 3,225 53,000円
E6-301-90 90 9×2 3,110 45,000円
むくえんこう桧
<上小節>
E-302-105 3,920 15 105 8 3,292 8,700円
E-302-90 90 9 3,175 79,000円
E6-302-105 1,920 15 105 8×2 3,225 46,000円
E6-302-90 90 9×2 3,110 42,000円
むくえんこう桧
<生節>
E-303-105 3,920 15 105 8 3,292 32,000円
E-303-90 90 9 3,175 30,000円
E6-303-105 1,920 15 105 8×2 3,225 27,000円
E6-303-90 90 9×2 3,110 25,000円
むく壁板桧
<無節>
W6-301-90 1,950 9 90 19 3,334 30,000円 無塗装品
W6-301-75 75 23 3,363 29,000円
むく壁板桧
<上小節>
W6-302-90 1,950 9 90 19 3,334 24,000円
W6-302-75 75 23 3,363 23,000円
むく壁板桧
<生節>
W6-303-90 1,950 9 90 19 3,334 20,000円
W6-303-75 75 23 3,363 19,000円
●むくえんこうで、長さがランダムな、乱尺フローリングや、3,600?、2,920?もあります。
●むく壁板で、厚さ12?や、巾105?もあります。又杉板も品揃えしております。
●上記の規格寸法及び桧以外の樹種につきましても御相談に応じます。

日常のお手入れ

●化学雑巾か、固く絞った雑巾で軽く拭いて下さい。
●2〜3ヶ月に1回程度、油性のワックスがけをお勧めします。


桧(ひのき)について

古代飛鳥時代の頃から建築用として使用されつづけている木材です。材は特有の芳香と光沢があり加工性良く、狂いが少なく、水湿に良く耐え腐れにくい為、柱、土台、建具、浴槽、桶等に巾広く使用されております。数多い国産材のなかで、最優良材と言われております。建物の構造材や造作材にも、桧材をお勧め致します。


製品のご用命は本社へお願い申し上げます。

space

<<戻る 木材加工とその技術 一覧
 

 




ご意見はこちらへ サイトマップ