台湾2020年1~7月木材市場の概況
(合板、単板 他)

こちらの記事は、前号(原木・製材品)からの続きです。



2020年上半期は、世界的に新型コロナウイルスの影響を受け、各国の経済・貿易状況は総じて厳しいものとなった。台湾経済もこの影響を免れることはできないものの、2020年上半期の国内建設・住宅売買市場は活況を呈し、建築・内装リフォーム需要が増加した。



3.合板

2020年1~7月の合板の輸入量は365,840m3で、前年同時期比15.2%増となった。合板の輸入元は次表のとおりで、表中の国からの輸入量は総輸入量の98.1%を占める。なお、輸入合板のうち、LVL角材が約28,700m3含まれるが、中国からの輸入が最も多く、わずかながらマレーシア・インドネシアからの輸入もあった。

輸入量(占有率)備考
中国160,075m3(43.8%)
インドネシア108,255m3(29.6%)
マレーシア69,302m3(18.9%)
ベトナム17,188m3(4.7%)主に、ユーカリ合板
ロシア4,107m3(1.12%)主にカバノキ合板

4.ブロックボード

2020年1~7月のブロックボードの輸入量は1,360m3と少量であった。主に中国からの輸入(99.3%)であった。

5.単板

2020年1~7月の単板の輸入量は132,382m3で、前年同時期比5.6%増となった。単板の輸入元は次表のとおり。

輸入量
(占有率)
備考
中国46,378m3(35.0%)主に、ユーカリコア板で、ごく一部にオクメ集成材・人工集成材がみられた。
ブラジル18,020m3(13.6%)主にラジアタパインのコア板でLVL角材製造に使用される。
チリ13,327m3(10.1%)主にラジアタパインのコア板でLVL角材製造に使用される。
マレーシア12,589m3(9.5%)主にラワン集成材
ベトナム12,245m3(9.3%)主にユーカリコア板
パプアニューギニア9,693m3(7.3%)主に広葉樹木の集成材
ニュージーランド6,364m3(4.8%)主にラジアタパインのコア板
その他
(アフリカ・カメルーンなど)
4,000m3オクメ集成材

6.ランバーコア

2020年1~7月のランバーコアの輸入量は219,290m3で、前年同期比18%増となった。 ほとんどがインドネシアからの輸入で1~7月の輸入量は212,091m3(96.7%)であった。その他、マレーシア・中国・ベトナムからの輸入があるが、ごくわずかであった。

7.パーティクルボード

2020年1~7月のパーティクルボードの輸入量は214,635m3で、前年同時期比17.7%増となった。輸入元は次表のとおりで、表中の国からの輸入量は全体の94.5%を占める。

輸入量(占有率)
トルコ69,286m3(32.3%)
タイ58,308m3(27.2%)
ルーマニア17,823m3(8.3%)
中国16,283m3(7.6%)
イタリア16,084m3(7.5%)
ドイツ12,659m3(5.9%)
オーストリア12,456m3(5.8%)

8.ファイバーボード

2020年1~7月のファイバーボードの輸入量は86,880m3で、前年同時期比21.2%増となった。これは過去5年以来の大きな成長となった。輸入元は次表のとおりで、表中の国からの輸入量は総輸入量の92.0%を占める。

輸入量(占有率)
タイ48,839m3(56.2%)
中国6,931m3(8.0%)
インドネシア6,717m3(7.7%)
ドイツ6,221m3(7.2%)
マレーシア4,450m3(5.1%)
ニュージーランド3,967m3(4.6%)
ベルギー2,760m3(3.2%)