木net(きーねっと)内検索

木netのロゴ画像

木でガンを治す

木材と健康 > 1.木材と健康 > 木でガンを治す

抗ガン成分を採取するためのイチイ栽培

抗ガン成分を採取するためのイチイ栽培

 植物から抗腫瘍性成分を見いだすことを目的として現在までに多くの草本・樹木の成分が実験されてきました。抗腫瘍性を示す化合物は年々いくつか見いだされていますが、毒性試験を通過して臨床試験にまで持ち込まれる化合物は少なく、さらに、その試験にパスして実用化されているものは極めて少ないのが現状です。
 最近、医薬品として認可され注目を浴びているのが太平洋イチイ樹皮から得られたタキソールという化合物です。タキソールは太平洋イチイの葉、小枝、材、根にも含まれますが、その含有量は極めて少なく、成長が大変遅い木なので、化合物の合成、組織培養などのバイテク技術を使ったタキソールの製造の試みや、太平洋イチイ以外のイチイ科の木からの探索も行われています。その結果、フランスに生育するヨーロッパイチイや、日本のイチイ、キャラボクにもタキソールは含まれていることがわかりました。イチイを栽培し、効率よくタキソールを取り出す研究も始められています。
 タキソールは子宮ガン、乳ガン、肺ガン、大腸ガンなどに対して制ガン作用を持ち、ガンの治療薬として大きな期待がかけられています。
 中国原産の喜樹は成長の早い高木で、その成分カンプトテシンは消化器系のガンに有効です。しかし、毒性が強いことから現在はその誘導体の臨床試験が行われています。
 ほかにもイヌガヤ科樹木、山野に見られる落葉木本性の蔓のツヅラフジ科カミエビ、ヌマスギ、ユリノキ、ジンチョウゲ科樹種などからも動物実験で抗腫瘍性、あるいはさらに、人に対して抗ガン作用をもつ化合物が見いだされています。

イチイ(Taxus cuspidata)成木及び幼木の各部位別タキソール含有率
S*;幼木、M*;成木
**:乾燥重量に対する割合