木net(きーねっと)内検索

木netのロゴ画像

八尾の外塀

長崎浦子さん(東京都)/木のある暮らしとわたし

「八尾の郵便局の外塀はなかなかいいんだ。 おもしろいから見に行こう。」と夫に言われ、 越中八尾郵便局に行った。すぐに郵便局を取 り囲む独特な塀が目に飛び込んできた。瓦屋 根がついた白壁の塀。腰高より下は木の板に なっており、人が休んでいけるように塀に沿 ってベンチが続いている。「へえ、すごく素 敵だね。」これが私の第一印象だった。

富山県八尾町は『おわら風の盆』で有名だ。 『風の盆』は9 月1 日から3 日にかけて行わ れる。農家には二百十日に当たり台風の最も 多い時期だ。その大風をおさめ五穀豊穣を祈 る踊りが『風の盆』である。長股引きに半纏 を着た男と、着流しの女がともに菅笠をかぶ り、ぼんぼりに照らされた夕闇の町を、哀調 を帯びた三味線、胡弓の音につられ、夜の白 むまで流し歩く。そして八尾の町は風の盆の 雰囲気にあわせるかのように、しっとりとし た石畳の通りに格子戸の家々が軒を並べる。

こんな八尾の町に件の郵便局はあった。以 前は単なるスチールの塀だったが、周りの雰 囲気に合わせ、このような風情のある塀にし たという。白壁の部分はポスターなども飾り、 ちょっとしたアートギャラリーになることも ある。腰壁に取り付けられた木のベンチも、 瓦屋根と相まって、なんとも座りたくなる気 持ちにさせる。お年寄りや観光客にはうれし い心遣いだ。「人にやさしい建物だなあ。八尾 の人達の優しさが伝わってくる。」と思った。

私たちが八尾を訪れたのは8 月中ころで、 夕方になると格子戸を開けている家もあっ た。格子戸のもたらす開放性のせいか、通りで 涼んでいるお年寄りにも親しみが湧き、ちょ っと道を聞こうと声をかけたところ話がはず んでしまい、30分近くもしゃべってしまった。

この越中八尾の郵便局を訪ねてからもう5 年近く経つ。その間も、重要伝統的建造物群 である奈良県橿原市今井町の町並みや、埼玉 県川越市の町並みなど、多くの木造の町並み を見てきた。そのたびに歴史的価値という学 問的なものだけでなく、何かしらほっとする 安らぎを感じてきたものだった。

私達は今、最近建った東京の鉄筋コンクリ ートのマンションに住んでいる。居住設備は 良く、確かに快適な暮らしだ。でもふと、地 面にしっかりと根を張ったような八尾の家が 持つやさしさが欲しいと思うことがある。

八尾を思い出すたび、“人にやさしい建物” とは材料や設備などの機能だけでなく、私た ち日本人が育んできた伝統を守り、来る者に 安らぎを与える建物ではないかと思う。そし て木こそが私たちの伝統を育んできた主役で あり、やさしさを醸し出すことができると思 う。これからこういった“人にやさしい建物” が、特に公共建築物でどんどん増え、思いや りのある町になっていってほしいと思う。