サイト内検索 Powered by Google

木netのロゴ画像

月刊誌「木材情報」のご案内

1991年6月創刊


月刊誌「木材情報」は、平成3年6月の刊行以来、木材の需給・価格、生産、流通、加工・利用、輸出入等に関する総合情報誌として、木材関係業界をはじめ、行政機関、研究機関、大学、マスコミなど第一線でご活躍の幅広い関係者の方々にご愛読いただいており、平成28年5月で300号を迎えたところです。

本誌はそれぞれの専門家に執筆を依頼し、木材に関わる幅広い分野で今何が起きているかにつき、分析や解説を中心とする記事をお届けすると同時に、木材の価格・需給などに関する最新のデータを掲載しています。

昨今、地球温暖化の防止や自然環境の保全等の観点から、森林・林業や木材利用の重要性に対する認識が高まってきている中で、県や市町村など行政機関の方々が今後の政策の企画立案を行うに当たり、また木材業界の方々が中長期の経営を展望するに当たり、本誌がきっとお役に立てるものと考えております。

木材情報 2018年7月号 目次

高騰する外材、その要因と今後

関野博司(伊藤忠建材(株)企画部門長兼経営企画部長)

1~5

地域に生育する樹木の伝統的木材利用法

内海泰弘(九州大学准教授)

6~9

世界のグルーラム、LVL及びCLTの動向

梶田煕(京都府立大学名誉教授)

10~14

韓国における林産物貿易自由化の取り組みと木材パネル貿易への影響

立花敏(筑波大学生命環境系准教授)

15~18

米国における建築用面材利用の歴史的展開から見る日本の合板産業

岩永青史(森林総合研究所林業経営・政策研究領域)

19~22

ホワイトカラーのコストダウンも必要 求められるのは「良い山」づくり

赤堀楠雄(林材ジャーナリスト)

23~26

「堂前の家」木質化構造の可能性

佐川廣興(協和木材(株)代表取締役)

木材情報 目次の検索

木材情報キーワード検索