木net(きーねっと)内検索

木netのロゴ画像

木材利用相談Q&A 100

住宅 - 乾燥材に関する利用相談

住宅 - 乾燥材
Q45 建築に使われるスギ、ヒノキ、ベイツガ材の標準的な乾燥所要日数と経費の目安を教えて下さい。

乾燥所要日数は乾燥方式、断面の大きさ、仕上がり含水率で大きく変わりますが、蒸気式乾燥室で正角(10.5cm角)を含水率20%まで乾燥する日数は、概略スギ15日、ヒノキ8日、ベイツガ12日です。所要経費は運転費、人件費、償却費を含め、蒸気式で700 円/日m3程度といわれ、上記の材種、含水率の組合せでは1m3当たりスギ10,500円、ヒノキ5,600円と試算されます。

1)国内で多く使用されている蒸気式乾燥室、除湿式乾燥室により、それぞれ標準的温度で、スギ、ヒノキ、ベイツガ材を乾燥したときの乾燥所要日数の例を以下に示します。

表1 乾燥方法、材種、仕上げ含水率と乾燥所要日数

乾燥方法 材種 ス ギ ヒ ノ キ ベ イ ツ ガ
25% 20% 15% 25% 20% 15% 25% 20% 15%
除湿
35~45℃
平割
7 9
3 5
8 10
正角 17 23
8 11
12 16
蒸気
60~70℃
平割
5 6
3 4
6 7
正角 11 15
6 8
9 12
材種:平割4.5cm厚、正角10.5cm角、仕上げ含水率の測定は高周波式含水率計。

2)乾燥に必要な運転費、人件費、償却費を含めた経費として次の試算があります。

蒸気式 600~800 円/日・m3、除湿式 400~600 円/日m3

仮に、それぞれ中間の値とし、正角について日数を計算すると、下表のようになります。

表2 乾燥経費の試算例 (正角)

樹種(含水率%) 蒸気式
日数 日単価 乾燥費
(円/m3)  (円/m3)
除湿式
日数 日単価 乾燥費
(円/m3)  (円/m3)
ヒノキ(20以下) 8×700   5,600 11×500   5,500
スギ(25以下)
スギ(20以下)
11×700   7,700
15×700  10,500
17×500   8,500
23×500  11,500
ベイツガ(20以下) 12×700   8,400 16×500   8,000

3)乾燥経費の目安は材価の10%以内という要望があり、材価の高いヒノキ材は十分この条件を満たしていますが、材価の低いスギ材では乾燥コストが高く、乾燥材普及のネックになっています。

住宅 - 乾燥材
Q40 いままで住宅に人工乾燥材を使わなくても特に問題になりませんでした。いまなぜ経費のかかる人工乾燥材を使わなくてはならないのでしょうか?
Q41 長雨にたたられ現場で資材が濡れてしまいました。どうしたらよいでしょうか?
Q42 木材の性質は生材と乾燥材では相当違うそうですが、水分(含水率)と強度の関係はどうでしょうか?
Q43 木造住宅の性能向上のために乾燥材の利用が望ましいといわれますが、乾燥材はどこで入手できますか?
Q44 木材の人工乾燥の方式、主な乾燥装置と特徴、メーカー、価格を教えて下さい。
Q45 建築に使われるスギ、ヒノキ、ベイツガ材の標準的な乾燥所要日数と経費の目安を教えて下さい。
木材利用相談Q&A 100 一覧へ