木net(きーねっと)内検索

木netのロゴ画像

木材利用相談Q&A 100

木材に関する利用相談

木材
Q14 ジャラ、イペ(タベブイア)、ボンゴシ(エッキ)とはどんな木ですか?

主に外構材として使われている耐久性の高い木です。

1)ジャラ(Jarrah)はフトモモ科のEucalyptus marginataに対するオーストラリアの市場名です。産地はオーストラリア西部の海岸地帯です。材の気乾密度は0.80g/cm3以上あって、心材は暗褐色で濃淡があるため縞模様になり、家具にも使われています。木理は通直ないしは交錯、肌目はやや粗、乾燥は困難、仕上がり面は滑らかですが釘打ちは容易ではありません。耐朽性が高いので、埠頭、橋梁、杭、枕木、さまざまな外構材に用いられます。

2)イペ(Ipe)はチリを除く熱帯アメリカに分布しているノウゼンカズラ科のTabebuia属の木です。イペの心材は緑色がかった褐色で、木理は交錯、肌目は精で、気乾密度は0.90~1.20g/cm3、きわめて重硬です。Tabebuia属の材の特徴は、道管中にラパコールを含んでいることです。ラパコールは黄色で、アルカリで赤色に変わります。耐朽性、耐蟻性に富み、埠頭、橋梁、杭、ステッキ、弓、釣竿などに使われています。

3)ボンゴシ(Bongossi)はアフリカ西部に分布するOCHNACEAE科、Lophira属のLophira alataともう1種に対する産地国カメルーンでの呼名です。アイボリーコースとではアゾベ(Azobe)、ナイジェリアやゴールドコーストではエッキ(Ekki)と呼ばれています。商業名はエッキ(Ekki)で、英語圏では、African oakとかred ironwoodと呼ばれています。心材は暗赤色からチョコレート褐色で、道管に黄色から白色の沈着物が見られます。気乾密度は0.89~1.12g/cm3、木理は不斉で肌目は粗です。加工は困難ですが、仕上がりはつやが出ます。

木材
Q1 住宅、家具などで私たちの生活を豊かにしている木材の特性を具体的に教えて下さい。
Q2 大気中の二酸化炭素(CO2)の増加による地球の温暖化が大きな問題ですが、木材の利用がその抑制に役立つといわれます。その内容について説明して下さい。
Q3 樹種によって木の強さ、収縮率、耐久性が違いますが、一体何が違っているのですか?
Q4 木は樹種によって特有の香りがあり、香りにはいろいろな作用があるそうですが、どんなものですか?
Q5 木の分類について教えてください。
Q6 住宅、家具に使われている木材の樹種名、色、木理、性質などの解説書、標本を教えて下さい。
Q7 木材が針葉樹材か広葉樹材かを簡便に見分ける方法を教えて下さい。
Q8 スギ、ヒノキ、ヒバの違いとそれぞれの特徴は?
Q9 ラワン、メランティ、セラヤの違いは? 国際的に通用する木の名前は?
Q10 ベイマツ(ダグラスファー)、サザンパインの特徴は?
Q11 SPFとはどんな木ですか?
Q12 レッドシーダとイエローシーダの違いは?
Q13 ホワイトウッド(オウシュウトウヒ)、レッドウッド(オウシュウアカマツ)とは?
Q14 ジャラ、イペ(タベブイア)、ボンゴシ(エッキ)とはどんな木ですか?
Q15 ラオスヒノキ、ラオスマツとはどんな木ですか?日本のヒノキ、マツとはどう違いますか?
木材利用相談Q&A 100 一覧へ