木net(きーねっと)内検索

木netのロゴ画像

木材利用相談Q&A 100

木材に関する利用相談

木材
Q9 ラワン、メランティ、セラヤの違いは? 国際的に通用する木の名前は?

ラワンはフィリピンに生育しているフタバガキ科の3つの属、すなわちShorea、 Parashorea、Pentacme属の重硬ではない木に対する呼び名で、ホワイトラワン、レッドラワン、イエローラワンなどのグループに対する名称であって、一種類の木の名前ではありません。日本でもマツ科の木をマツというのと同じです。

1)フタバガキ科の同じ木がインドネシアやマレーシアにもあり、インドネシアではメランティ、マレーシアのサバ州ではセラヤと呼ばれています。木は身近な存在なので、それぞれの国でそれぞれの言葉で呼ばれています。それらを地方名といいます。地方名のなかで広く使われている場合は、それを一般名と言います。一般名が取引に使われる場合は、商業名とも言われます。

2)一つの木がいろいろに呼ばれたり、言葉の変化に伴って影響されては具合が悪いので、植物命名学会で名称がルール化されました。いわゆる学名です。それによれば、植物は属名と種名をラテン語で表し、斜体(イタリック)で記すというものです。種名の後に命名者名を記しますが、省くことができます。省いた場合は属名+種名なので、二名法とも言われます。スギはCryptomeria japonica D.Donn.で、属名のCryptomeriaは“隠れた部分”の意の名詞、japonicaは“日本の”の意の形容詞。ヒノキはChamaecyparis obtuseで、属名のChamaecyparisは“イトスギより小さい実の植物”の意の名詞、obtusaは“鈍形の”の意の形容詞。

3)ある木の属名まで分かって種名が分からない場合、種名を“sp.”と記します。たとえば、Shorea sp.といった具合です。種名を“spp.”と記すのは複数の場合です。Shorea spp.は“Shorea属のすべての木”を意味します。ラテン語はなじみのない言語ですが、外国との取引では間違いのない便利な記号です。

木材
Q1 住宅、家具などで私たちの生活を豊かにしている木材の特性を具体的に教えて下さい。
Q2 大気中の二酸化炭素(CO2)の増加による地球の温暖化が大きな問題ですが、木材の利用がその抑制に役立つといわれます。その内容について説明して下さい。
Q3 樹種によって木の強さ、収縮率、耐久性が違いますが、一体何が違っているのですか?
Q4 木は樹種によって特有の香りがあり、香りにはいろいろな作用があるそうですが、どんなものですか?
Q5 木の分類について教えてください。
Q6 住宅、家具に使われている木材の樹種名、色、木理、性質などの解説書、標本を教えて下さい。
Q7 木材が針葉樹材か広葉樹材かを簡便に見分ける方法を教えて下さい。
Q8 スギ、ヒノキ、ヒバの違いとそれぞれの特徴は?
Q9 ラワン、メランティ、セラヤの違いは? 国際的に通用する木の名前は?
Q10 ベイマツ(ダグラスファー)、サザンパインの特徴は?
Q11 SPFとはどんな木ですか?
Q12 レッドシーダとイエローシーダの違いは?
Q13 ホワイトウッド(オウシュウトウヒ)、レッドウッド(オウシュウアカマツ)とは?
Q14 ジャラ、イペ(タベブイア)、ボンゴシ(エッキ)とはどんな木ですか?
Q15 ラオスヒノキ、ラオスマツとはどんな木ですか?日本のヒノキ、マツとはどう違いますか?
木材利用相談Q&A 100 一覧へ